忍者ブログ
高ければ高い壁の方が、、、登れなかった意味なくない??
 * カレンダー *
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 * リンク *
 * カテゴリー *
 * フリーエリア *
 * 最新CM *
[09/23 せ]
[09/20 片倉町]
[09/20 せ]
[09/19 せ]
[09/18 片倉町]
 * 最新TB *
 * プロフィール *
HN:
未確認生命体③
性別:
非公開
 * バーコード *
 * ブログ内検索 *
 * アクセス解析 *
 * アクセス解析 *
 * アクセス解析 *
 * カウンター *
[43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33]
2017/12/13 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/11/17 (Mon)
こんばんは。
研究室から少し行ったところが東京国際のコースだったので応援に。
去年、上尾後に応援してたのと同じ市ヶ谷の坂のところで。

35kmも走った後で、あの坂は本当にきつい気がする。
永遠に終わらない山道を登ってるよう。
走ってくる人の顔がそう感じさせました。
でも、その厳しさが東京国際女子マラソンをつくってるんだとも思ったり。

あそこにいると、たくさんの応援が見えたり、聞こえたりするんですよ。

京都から仲間の応援に来てる人
「せんせぇー頑張れー」って叫びながら坂を全速力で駆け上がっていく小学生たち
ランニングスタイルでずっと声掛けながら並走してる人

などなど。参加してる人、1人1人に色々な背景があって、仲間がいて
「たくさんのドラマが生まれているんだろうな」なんて。
渋井が抜かれたり、高橋尚子が逆転されたり
トップランナーによる数々の逆転劇もそんなドラマの1つにすぎないんですよね。

なんてことを待ってる間に思ってたら
みんなが続々来ました。

あき先輩も、又村さんも、稲葉さんも、小橋も、古屋も、浅羽さんも、あゆみちゃんも
みんな声を掛けると、本当にいい顔で、いい走りで応えてくれてました。
絶対に笑ってなんかいられないぐらい苦しく、動かないはずなのに。
なんだか見ているこっちが元気をもらった、それぐらいでした。


がんばってるひとはかっこいい!


見に行ってよかった。



PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
寝坊して、結局テレビで観戦しました…↓↓
んで、今日みんなの結果見てたら、高校の時の顧問の先生が走ってて、3時間10分くらいだった!
ぼん 2008/11/17(Mon)14:39:29 編集
無題
>棟梁
あれは絶対に生で見た方がいいよ!! マジ熱い。
そういやテレビにあき先輩めっちゃ映ってた。
はやっ!!じゃあ、顧問の先生も一緒に練習してるの?
せーの 2008/11/20(Thu)01:09:10 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *