忍者ブログ
高ければ高い壁の方が、、、登れなかった意味なくない??
 * カレンダー *
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 * リンク *
 * カテゴリー *
 * フリーエリア *
 * 最新CM *
[09/23 せ]
[09/20 片倉町]
[09/20 せ]
[09/19 せ]
[09/18 片倉町]
 * 最新TB *
 * プロフィール *
HN:
未確認生命体③
性別:
非公開
 * バーコード *
 * ブログ内検索 *
 * アクセス解析 *
 * アクセス解析 *
 * アクセス解析 *
 * カウンター *
[28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18]
2017/11/25 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/10/19 (Sun)
F1000136.JPGF1000134.JPG









F1000133.JPGF1000135.JPG









箱根駅伝の予選会に行ってきました。



ここに来ると必ず思い出すのが高1のときの駅伝。


遅れて入部した僕は、入って3日目が高校駅伝でした。
高校駅伝の位置づけを知らなかった当時は
『応援めんどくさいなぁ~。昭和記念公園??
入るのに400円もかかるの。応援でお金かかるのかよ。』
とか思ってるクソ部員でした。
…今考えてもホントどうしようもないやつだ(笑)

でも、そんな気持ちも駅伝を見たら一掃されることに。


中学の駅伝は市大会しか出たことがなかったので高が知れてる
箱根駅伝は長くてだるい。と思ってて殆ど見たことがない
ってことで、これが初めて見る駅伝らしい駅伝でした。

1区(10km)を
1位で来たのが早実(駒野さん)!!2位が学院(陽ちゃん)!!
そのときは学院の強さなんて全く知らなかったし
中学駅伝は市で25番とかだった僕にとって、自分の学校が東京都で2番を走ってる
その衝撃は相当なものでした。

最終的にその年は9位。
終わった後の反省でキャプテンが泣いてるのを見て
みんなが関東駅伝に懸けていた想いを知って
行く前にあんなことを思っていた自分が恥ずかしくなり
その場に自分がいてはいけない気持ちになりました。
そのときから
『自分もこの中に入りたい!!絶対に関東駅伝に出たい!!』
と想うようになったんだと思います。

そんな想い多き昭和記念公園。

いや~、なつかしい( ̄ω ̄)


そういえば
このとき2、3人一組で応援をしてたんですが、僕の相方だったのが岩森さんでしたww
ちなみに、学院時代に岩森さんと話したのはこのときだけww
そのときは3年後に「バナナ」って呼んでるなんて思いもよりませんでしたww



さて、前置きが長くなりすぎました(^_^;)
高校駅伝の話をすると止まらないのは悪いクセです。


ってことで予選会。
やっぱり何かを懸けてる人たちが集まる大会は違います。
特に箱根関連は。空気がおいしい。
都会に住んでて、山奥の自然の中に行った。そんな感じです。


レースは東農大・外丸が15kmから出て60分切って勝ったみたいですね。

このコースのポイントはやっぱり公園内。
左回りだから
ガッッ!!と登る→だらぁ~って下る
の繰り返し。
足が残ってれば気持ちよくいけるけど
使ってたら一気に止まるコース。

結果見たら、やっぱり最初突っ込んだと思われる人は
15kmから一気にタレてる。
こういう試合では流れに乗れないと終わるので
最初突っ込み気味で行かなきゃいけないから難しいところなんですが。

個人的には知り合いの神大・染谷君が25番ぐらいで走ってて
かなり熱くなりました。今年の箱根は1区17位とかだったんですが
来年はもっとやってもらいたいですね。


そんな中、一番の目的は北川さんの応援。
箱根に繋がってる道で走るその姿は本当にカッコよくて輝いてました。
終わった後の北川さんはすごくいい顔をされていて、いろいろなものを感じました。



長距離をやってきた者として
実力がどうであれ、結果がどうであれ
箱根に続く道には足を踏み入れてみたいものです。


PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *