忍者ブログ
高ければ高い壁の方が、、、登れなかった意味なくない??
 * カレンダー *
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 * リンク *
 * カテゴリー *
 * フリーエリア *
 * 最新CM *
[09/23 せ]
[09/20 片倉町]
[09/20 せ]
[09/19 せ]
[09/18 片倉町]
 * 最新TB *
 * プロフィール *
HN:
未確認生命体③
性別:
非公開
 * バーコード *
 * ブログ内検索 *
 * アクセス解析 *
 * アクセス解析 *
 * アクセス解析 *
 * カウンター *
[118] [117] [116] [115] [114] [112] [111] [110] [109] [108] [107]
2017/12/13 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/08/05 (Wed)
某ハッピーサマーウェディングブログで書かれてたことを
ちょーど考えていたので少しだけ。

僕も多義性ってすごーい大切だとは思うんですが、そこから一歩進んで
「多義性の中の一意性」
(ここで一義じゃなくて一意が出てくるアタリに絶望を感じますが)
これまた重要な要素ではないかと。


一年のとき、バイトが入ってて全体合宿は行かないつもりだったんですが
結局、当時の多くの諸先輩方に押し切られ、バイトそっちのけで全体へ。

前日まで、、、当日になっても乗り気ではなかったし
バイトさきへの罪悪感もありつつ
行きのバスでは隣りの席で野本先輩が2時間イノセントワールドを熱唱してるし
でもう、それはそれはテンションがた落ちで黒姫まで行ったわけです。

でもね、次の日、野尻湖走ってそれは変わりましたよ。

デコ造…じゃなかった…想像の何倍ものきつさ
走ってて今まで一番やめたいと何度も思ったコース
練習・レース通して初めて歩き、初めて女の人に敗北
でも皮肉にも景色は最高
ゴールしたときの達成感

「野尻湖を走らずして陸同の合宿はホニャララ~」

そんな今じゃテンプレになってるフレーズの意味を存分に感じた瞬間でした。


要はそんとき先輩たちが少々ムリにでも誘ってくれなきゃ僕は確実に全体には行かず野尻湖の魅力には気づかなかったわけです。うん。


だから多義性の中の一意性
つまり、はばひろーい価値観を認めながらも
伝える(って言ったらオーバーだけど)もんは残さんと
廃れてしまうかなと思うわけです。

まあ何か廃れたときには新しい楽しみが出てる気もしますが。


多義性と一意性、そのバランスが大切ですよねー
かなーり難しいとこだとは思いますが
特に僕はそのバランスのとり方が下手なんで…
振り返っても反省することばかり


さて、ここまで書いておいて自分キモイなー
と、まだ客観的な視点は失っていないことを確認しつつ


野尻湖、行ってきます。

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *